eBay

返品ラベルの発行方法

eBayで販売をしていると一定数で返品リクエストがきます。

USのセラーであれば、eBayの返品ラベルを使えますが私たち
日本人セラーは使えません。

なので、バイヤーに一旦立て替えてもらって商品が届いてからPayPal経由で返金していました。

しかし、https://business.zipx.com/?lang=jaを使えば私たちでも、返品ラべルを作成できます。

この、「ZipX」は郵便局が新しく始めたサービスです。
 

「ZipX」とは?

ZipXとは日本郵便が出資しているレントングループが行っているサービスで、eBayやAmazon.comの海外から日本への返品配送をラベルを発行し、スムーズに返品を進める事ができるサービスのことです。

このサービスにより以前はできなかった返品を受け付けられるようになりました。

「ZipX」を使い、返品ようラベルを発行してバイヤーに送付後バイヤーがラベルを印刷してUSPS(米国の郵便局)に持って行って頂くと、米国内の「ZipX」の倉庫に商品が届きます。

商品到着後、私たちが「ZipX」にペイパルにて送料を支払うと
商品が日本へ発送される、といったシステムになっています。

なのでバイヤーは返品の際に窓口で送料を支払うことなく、商品を返送することが出来ます。

ebayのバイヤーの中には、返品するけどラベルを送らないと返送をしないといったバイヤーもいますので、そういった時だけ利用するのも良いかと思います。

このサービスは現在、米国、台湾、英国、香港、フランス、

この5か国に限られています。

順次、サービス提供国を増やしていくとの事ですのでご確認ください。

ZipXを使うメリットと保管期間

バイヤーに面倒な配送方法や送料負担のお願いをする必要が
無くなります。

ZipXでは商品を30日間倉庫に保管をしてくれます。
その期間をすぎると1日ごとに100円かかります。

倉庫に到着した商品の写真撮影や同梱での発送依頼は商品到着後
45日以内
となっています。その期間を過ぎてしまうと廃棄になってしまいますので注意してください。

無料の保管期間の間で返品商品がいくつかある場合は、後ほど説明する方法で同梱発送してもらうと良いと思います。

ZipXで返品ラベルを作成する方法

アカウント登録

①「Zip X」のTOP画面にある「登録」をクリック

② 必要事項を記入して「登録」をクリック

③ この画面が表示されたら登録は完了

返送ラベルの作成方法

①「米国国内ラベルの印刷」をクリックします。

② 別の「タブ」でMy ZipX 住所」を開いてZipX#:の横の英数字を
コピー(ZipX ID)

③ ②でコピーしたZipX IDをRMAに貼り付けます。
     この英数字は米国国内の倉庫あての番号になりますので、この英数字を入力することで米国内の倉庫に届くようになります。

④ 「Enter Your Address Information」はバイヤーの住所を記入

⑤ 「Enter Package & Shipping Information」は返品商品の
      内容と配送業者を選択します。
      配送業者は「Priority Mail-Merchandise Return Service」を
      選択してください。

⑥ 「Next」をクリックして、次の画面を表示させる。
      入力内容を確認して「Print Label(PDF)」を選択して
      「Submit」をクリック。

⑦ 別画面にラベルが表示されます。
   以上でラベルの発行は完了ですが、eBayではメッセージ等で
 PDFを送る事が出来ないのでPDFを保存する前に
ラベルの
   スクリーンショットを撮っておきます。

⑧ スクリーンショットで撮った画像をバイヤーに送りましょう。

⑨ 発送ラベルを送ったら、下記の画面のメッセージをバイヤーに
    送ってください。

 

まとめ

できれば「返品」は避けたい事ですが、どうしても発生
してしまいます。
その時は、慌てずに「ZipX」を使ってください。

現在の取扱国

ZipXの仕組み

 

コメントはこちらから

 

     

     

    【専業主婦が在宅で稼ぐのためのebay無在庫販売】メールマガジン登録




    関連記事

    1. 検索ブラウザと拡張機能

    2. 不用品を出品しよう!Part1

    3. 重複出品チェック方法

    4. マルチバリエーション出品とは?

    5. Dropboxの画像を使って新規出品する方法

    6. eBayを始めよう アカウント作成

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    PAGE TOP